SEARCH

「車」の検索結果54件

冬のバイク通勤は対策が大切!防寒対策をして安全にバイクを活用

日頃からバイクで会社に通勤している人の中には、寒い冬にバイク通勤をするときにどんな点に注意をすれば良いのか知りたい人もいるのではないでしょうか。通勤にバイクを利用すると便利なことも多いため、できれば寒い季節もバイクを利用したいと考えることもあります。ここでは、冬にバイクで通勤することのメリット・デメリットと、しておきたい対策や注意点についてお伝えします。通勤でバイクを利用するときは、安全を一番に考えて利用しましょう。

大きい車の運転が怖い!上手に運転するコツとポイントを解説

それまでは小さい車になっていたのに大きい車に買い換えることになったら、運転することを怖いと感じることもあります。特に女性の場合は、あまり車の運転に自信がなく、運転が下手でも大丈夫だろうかと考えることもあるのではないでしょうか。ここでは、大きい車を安全に運転するコツやポイントについてお伝えします。事故などの危険な状況を引き起こさないように、練習をして運転に慣れるように頑張りましょう。安全運転を心がけることで、大きい車を上手に運転できるようになりましょう。

水垢落とし【車のガラス】自分でできるおすすめ方法と注意点

車のガラスにうろこ状にできた水垢。水垢落としをしたいけど、車のガラスを傷つけるのは嫌だし、自分でうまく落とせるのか心配な人もいるでしょう。そこで、車のガラスに付着した水垢を自分で落とすことができるおすすめ方法と注意点についてお伝えしていきましょう。水垢をキレイに落とした後は、水垢が付かないようにしっかりと予防をするのも大切です。自信がない場合はプロにお任せすることもできますので、ぜひ参考にしてみてください。

水垢の車用シャンプーを使って落とす!選び方や注意点を紹介

車のボディに付いた水垢を落とすには、車専用のシャンプーを使うのが安心です。しかし、車専用のシャンプーによって車の傷の原因になることもあるので、シャンプー選びには気をつけなければなりません。そこで、車のボディの水垢の落とし方について、シャンプーの使い方や選び方、車用シャンプーを使って水垢を落とすときの注意点などお伝えしていきましょう。キレイに水垢を落とした後はこまめなメンテナンスも大切です。ぜひ参考に水垢がつくのを防ぐ方法も試してみてください。

水垢を落とす方法とは?車のボディについた水垢対処方法

車のボディについてしまった水垢はどのようにして落としたらいいのでしょうか?洗車をした後であっても、雨上がりにそのまま車を置いておくと水垢がついてしまいます。この水垢ですが、実は雨だけでなく油分を含んだものがついてしまうこともあるのでコマメな洗車が一番の予防方法のようです。水垢ができてしまったときには、このようにして車を洗いましょう。

【水垢の落とし方】車に付く水垢の種類と種類別の対処方法

車を洗車しているとザラつきを感じ、よく見てみると水垢が発生していることがあります。車に付く水垢には2種類あり、ガラス部分に付く水垢とボディに付く水垢、この二つの水垢は水垢落としにも違いがあり、それぞれに合った水垢落としが必要となります。まずは水垢が起こる原因を知り、水垢に合った洗剤や落とし方を行いましょう。ここでは水垢の落とし方と、洗剤や水垢落としを行う際の注意点についてご紹介をいたします。また日頃の水垢防止のケアについてもご紹介をいたしますので、参考になさってください。

芳香剤が効果的に香る車の中の置き場所は?その理由について

車に乗り込むと嫌な臭いが鼻につくことがあります。そんなときに頭に浮かぶのが芳香剤!取り替えどきかも?なんて思うことも少なくはありません。もちろん効果が薄れて取替時期がきている場合もありますが、置き場所によっても匂いの発し方が違ってくることはご存知でしょうか。ここでは車の中の、どの場所に置くと効果的なのか、その理由についてもご紹介をいたします。もちろん臭いは元から絶つのが一番!嫌な臭いの原因をなくすることも大切ですね。

芳香剤、車内での効果的な置き方。香りを広げる方法

初めて自分の車を持ったという時には、車用の芳香剤を選ぶのも楽しいものです。カー用品のショップに行っても、芳香剤のコーナーでいろいろな商品を比較して、どれにしようかと迷う方も多いと思います。さて、この芳香剤は車のどこに置くのが効果的なのでしょうか?そこで、車内での芳香剤の効果的な置き方についてご紹介します。芳香剤にはいろいろなタイプがあります。メリットやデメリットも比較してみましょう。

曇り止めをするなら車にシリカゲル?湿気をとる方法

すぐに車の窓が曇ってしまうときにはどのようにすれば湿気を解消できるのでしょうか?乾燥剤のシリカゲルを車に置くことで曇り止めの効果が期待できるようです。どのようにして置いておけばいいのでしょう。また、シリカゲルの効果を復活させる方法とは?車が曇ってしまうときには、エアコンを使うのもおすすめです。もし効きが悪いのであれば、点検をしてもらいましょう。

重曹スプレーでスッキリ消臭。車の消臭と掃除に重曹が効果大!

車の中にこもるイヤな臭い。特に、誰か家族以外を乗せる時には、車内の臭いが気になります。車のさまざまな臭いには、重曹スプレーを使うのが効果的です。そこで、車の消臭や掃除に便利な、重曹スプレーの作り方や、掃除方法をご紹介します。市販の消臭剤やクリーナーもありますが、小さなお子様がいるご家庭には、安心な重曹がおすすめです。重曹は家の中のお掃除にも大活躍ですが、車のお手入れにもぜひ使ってほしいアイテムです。

部屋の芳香剤と車用の芳香剤の違いとは?車の匂いを良くする方法

芳香剤は車用と部屋用にはどんな違いがあるのでしょうか?なんとなく、車用のほうが匂いがきつく感じますが実は部屋用と車用、そんなに違いはないようです。かなり容量に違いがあるのにナゼ?と思いますがそれは◯◯の違いなんです。車の嫌な臭いを取るにはどうしたらいいのでしょう?芳香剤に頼るだけではなく換気や掃除をするのもお忘れなく!車の匂いを良くする方法を紹介します。

芳香剤が車で匂わない?匂わない原因と対処方法をご紹介

車の芳香剤を買ってきたばかりなのに、全然匂わない。そう感じる時ありますよね。また最初は香りがしていたのに、すぐに匂わなくなってしまった。と思うときも。このような時は何が原因なのでしょうか?もしかすると使い方や、設置方法が間違っているのかもしれません。ここでは車の芳香剤が匂わないと感じる原因や、対処方法についてご紹介いたします。ぜひお悩みの解決に役立ててください。

水垢がついた車はポリッシャーできれいに?水垢落としについて

車を洗車していると、ボディのざらつきが気になることありませんか?その原因は水垢!車庫やカーポートがない場合は、車が雨ざらしになってしまうので、水垢を防ぐことは難しいものです。そこでついてしまった水垢にはどう対処するのが良いのか?ポリッシャーを使うのが良い?など、水垢落としの気になる方法についてご紹介をいたします。ポリッシャーを使用しなくても水垢を落とす方法はあります。まずはこちらの記事を読んでからポリッシャーの購入を考えてみてください。

メラミンスポンジで車のガラスを掃除するのは止めましょう

メラミンスポンジで車のフロントガラスの油膜や水垢を掃除してもいいのでしょうか?家の掃除にはかなり役に立つメラミンスポンジですが、車のガラスとの相性はあまりよくにないと言えるでしょう。油膜や水垢は傷をつけてしまわないように、車用のもので掃除をしてください。油膜や水垢を落とす方法や予防方法を紹介します。

メラミンスポンジで車の未塗装樹脂パーツが蘇る?方法と注意点

車を洗車していると、ふと車の樹脂パーツがくすんでいる?そう感じたことがある方は、少なくないはずです。黒かった樹脂がグレーや白っぽくなる事を白化といい、長年使用をしていると仕方がないとも言えるでしょう。しかしできれば、車を購入したときのような黒さを取り戻したいですよね。ここではメラミンスポンジを使った樹脂パーツの色を復活させる方法、またメラミンスポンジを使う際の注意点についてご紹介をいたします。必ず最後までお読みになり、注意点なども確認した上で作業をなさってくださいね。

車内掃除の掃除機はガソリンスタンドやコイン洗車場で使用が可能

車内の掃除、掃除機を利用する場合、お家が一戸建てだと外についているコンセントに掃除機をつないで、シートや気になる場所のゴミを吸い取ることができます。しかしマンションやアパートだと、そういうわけにいきませんよね。そこで掃除機が利用できる場所というと、ガソリンスタンドやコイン洗車場です。お金を入れると数分間使用が出来るようになりますので、車の中をキレイにすることができますよ。詳しい使い方や、ガソリンスタンドの掃除機のメリットなども紹介をいたしますので、参考にしてください。

車のホコリ取りに便利な羽【毛ばたき】の正しい使い方と注意点

テレビのドラマなどで、お抱え運転手が車のホコリ取りに使っているの羽のようなもの。実は【毛ばたき】という名前があります。しかし、ただくるくる回せばよいというものではありません。正しい使い方があるのです。今回は車のホコリ取りに便利な羽【毛ばたき】の種類と正しい使い方について説明します。洗車前の汚れがついた車に使うことはNGです。洗車してワックスをかけた後に使うようにしましょう。興味のある人はぜひ使ってみましょう。愛車がピカピカになりますよ。

車のホコリの原因は静電気!静電気の原因と予防・ホコリ対策方法

車を綺麗にしていても、気がつけばいつの間にかホコリが付着していることがあります。車内にホコリがたまる原因は静電気です。ですが、静電気が原因でホコリが付着してしまうのはなぜなのでしょうか。ここでは、車にホコリが付着する・溜まる原因や静電気が発生する原因、静電気とホコリの予防方法についてお伝えします。車を綺麗に保つためにも、静電気の知識を知って予防をすることで、ホコリの対策を行いましょう。また、掃除に使用するアイテムや掃除グッズの選び方についてもご紹介します。こちらも併せて確認してみてください。