バッテリーの容量アップのデメリットは?カーバッテリーについて

バッテリーの容量アップをしたいけれど、どんなデメリットがあるのか気になる…そんなときにはメリットとデメリットの両方を確認してみましょう。

車の電気関係はすべてバッテリーがまかなっているというイメージですが、実際はバッテリー以外の部品も関係しています。

バッテリーの容量アップをして、車がびっくりしないように他の部品との関係も考えながら容量アップをするといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バッテリーの充電を車からケーブルを使ってする場合の手順

長い期間車を走行させていない場合や、車の半ドアやライトの消し忘れなどで車のバッテリーがあがってしまう...

バッテリーは自分で充電が可能?バッテリー上がりの対処方法

バッテリーが上がってしまうと車のエンジンがかからなくなってしまいます。仕事に行く前に車が動かないと焦...

車のバッテリー上がり!充電器を使った場合の充電時間

車の予期せぬバッテリー上がり。これから出かけようと思っている時に、車のエンジンがかからないと焦ってし...

【バッテリー容量の調べ方】車のバッテリーについて詳しくなろう

車のバッテリーの買い替える場合、容量をチェックして今よりも大きくした方がいいかどうか迷う人も多いので...

バッテリーの充電時間は?車が動くまでにかかる時間と充電のコツ

車のバッテリーが上がってしまった場合、ブースターケーブルなどでエンジンをかける必要がありますが、急い...

スポンサーリンク

バッテリーの容量アップの特徴とは?メリットとデメリット

車を所有している方でも、特に男性の方は、車のバッテリー、いつ切れるのか、そのタイミングについて深く知って、容量が切れる前に充電できたらなんて考えていると思います。車のバッテリーの量は、アップできます。容量が常に気になる方には、「え?できるの?じゃ、やりたい」と意気込むと思います。

バッテリーの容量を上げるには、良い点と悪い点があります。それを知った上で、バッテリーの容量を上げて下さい。

良い点は、色んな電気器具を使える

恐らく、それを目的として、あなたもバッテリーの容量を上げたいと考えていませんか?確かに、容量が上がれば、その分、車の中で使用できる電気機器の数は増えます。

高いプラス、重い

バッテリーの容量が大きいものは高価です。プラス、重さも重くなるのが、難点になります。

40Bから60Bに変更するだけで、重さも1kgくらい違ったりします。容量が大きい分だけ、重さもある。ちょっとした悩みになるかもしれません。

デメリットに繋がる?バッテリーの容量アップとオルタネーター

車のバッテリーの容量アップを真剣に考えているのなら、オルタネーターのことも知るべきです。バッテリーを上げたいということは、問題点は、電力です。その電力、オルタネーターが少しだけ助けてくれます。というのも、オルタネーターはエンジンがかかる時の力をあなたが「もっと欲しい」と感じている、電力に変換することが可能だからです。

あなたの車は、充電制御システムは導入されていますか?それが導入されていると、実は、バッテリーを使用するスピードが早いのです。仮にあなたの車に充電制御システムが導入されていて、「車のバッテリーが減るスピードが早い」と感じているのなら、充電制御システムが働いているためです。

この場合の適切な対応法としては、バッテリーを充電制御システムと相性のよい物に変えることです。そうすることで、バッテリーの減り具合が下がります。下がるのであれば、わざわざバッテリーを容量の大きいものに変える必要もありません。 あなたの車に充電制御システムが導入されているのかどうか、調べて下さい。

バッテリーの容量アップのデメリットが気になる人はコレ

バッテリーの容量アップすると、製品は高いし、重さも重くなります。それは避けたい、そのデメリットを避けて、何か別のオプションはないの?そんな方に、一つ知って頂きたいのは、寒冷地仕様車のオルタネーターです。大きいサイズのものに比べて、重さもあまり変わらないというメリットはあるようです。

ただし、重さはそんなに変わらなくても、容量はあまり変わらないかも?と感じる方もいます。そのため、絶対的なメリットにはもしかしたら、ならないかもしれません。地域によっては、容量も重さも他のタイプと比べたら良いと感じて使用している方もいます。あなたの地域でも同じことを感じるかどうかはわかりません。でも、バッテリーの容量を増やすのに、一つの選択肢ではあります。

バッテリーの容量アップをするかどうかはこの数字を見て判断

大体、どんな状態だったら、車のバッテリーの容量をアップさせるべきなのか、車所有者は、その判断基準を知るべきです。知らないと、「このバッテリー交換してもいいのかな?それともまだなのかな?」見分けられません。バッテリーも使用すると、減り方が早いです。既に経験されているかもしれませんが、どこかに行き、帰ってきてエンジンをかけようとしたら、かからない。その状態なら、バッテリーは交換するべきです。
バッテリーにはベッテリー形式の番号が記されています。仮に、あなたの車についているバッテリーが46B24Rだとします。これで、上記のように、「最近、バッテリーが落ちるスピードが早い」とトラブルになっているのなら、初めにある46を基準にして、より大きな、50などのバッテリーを選ぶことをお薦めします。

バッテリーも時が経ち、使用する頻度が高いと、うまくチャージできなくなります。それを何でカバーするか。新しいものと交換する。高価にはなりますが、それも手です。

バッテリーを容量アップするかどうか悩んだ時は

どうしようかな。最近車のバッテリーが減るスピードも早いし、やっぱり交換しようかな。 車の中で使用する電化製品の数が多ければ多いほど、バッテリーの量もすぐに切れます。そのため、初めてバッテリーを買う時も、ランクは少し上の物を買った方が車のバッテリーのことで、後々悩まないと思います。 ナビなどあまり使用しない方は、それほど悩まないと思います。でも、迷わないように、ナビをつけたり、夏はクーラーを使用したり、けっこう車の中での電気の使用率は、高くなると思います。すぐにバッテリーが切れて、やってしまったなんてことにならないためにも、バッテリーの容量は、初めから少し高めにしましょう。値段は張りますか、その分、車の電気の問題はあまり起きません。容量が大いものは重さも重いですが、そこはもう大目にみて、容量をアップさせて下さい。

車のバッテリーの容量アップで何をどうしようか困っている方に、容量をアップすることで、どんなデメリットがあるのか、価格や重さの面でのデメリットを紹介しました。確かに車のバッテリーをグレードをアップするのに、デメリットはあります。でも、車で電気製品を多く使用する方にとっては、遅かれ早かれ、バッテリーの容量は多くすることになると思います。重さなどのデメリットを考慮した上で、ワンランク上のものに変えるべきです。