水垢を落とす方法とは?車のボディについた水垢対処方法

車のボディについてしまった水垢はどのようにして落としたらいいのでしょうか?

洗車をした後であっても、雨上がりにそのまま車を置いておくと水垢がついてしまいます。この水垢ですが、実は雨だけでなく油分を含んだものがついてしまうこともあるのでコマメな洗車が一番の予防方法のようです。

水垢ができてしまったときには、このようにして車を洗いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車内掃除の掃除機はガソリンスタンドやコイン洗車場で使用が可能

車内の掃除、掃除機を利用する場合、お家が一戸建てだと外についているコンセントに掃除機をつないで、シー...

芳香剤が車で匂わない?匂わない原因と対処方法をご紹介

車の芳香剤を買ってきたばかりなのに、全然匂わない。そう感じる時ありますよね。また最初は香りがしていた...

水垢落とし【車のガラス】自分でできるおすすめ方法と注意点

車のガラスにうろこ状にできた水垢。水垢落としをしたいけど、車のガラスを傷つけるのは嫌だし、自分で...

メラミンスポンジで車の未塗装樹脂パーツが蘇る?方法と注意点

車を洗車していると、ふと車の樹脂パーツがくすんでいる?そう感じたことがある方は、少なくないはずです。...

水垢がついた車はポリッシャーできれいに?水垢落としについて

車を洗車していると、ボディのざらつきが気になることありませんか?その原因は水垢!車庫やカーポートがな...

車のヘッドライトの黄ばみ取り方法!黄ばむ理由と解決方法を解説

車のヘッドライトが黄ばんでしまい、黄ばみ取りをしたほうが良いのか悩んでいる人もいるのではないでしょう...

車のホコリの原因は静電気!静電気の原因と予防・ホコリ対策方法

車を綺麗にしていても、気がつけばいつの間にかホコリが付着していることがあります。車内にホコリがたまる...

車のホコリ取りに便利な羽【毛ばたき】の正しい使い方と注意点

テレビのドラマなどで、お抱え運転手が車のホコリ取りに使っているの羽のようなもの。実は【毛ばたき】とい...

車の後ろのガラスが曇るときの原因と困ったときの対処法とは

車の後ろのガラスが曇ると後ろや周りがよく見えなくなるので運転がしにくくなります。特に車線変更をしたい...

【水垢の落とし方】車に付く水垢の種類と種類別の対処方法

車を洗車しているとザラつきを感じ、よく見てみると水垢が発生していることがあります。車に付く水...

メラミンスポンジで車のガラスを掃除するのは止めましょう

メラミンスポンジで車のフロントガラスの油膜や水垢を掃除してもいいのでしょうか?家の掃除にはか...

重曹スプレーでスッキリ消臭。車の消臭と掃除に重曹が効果大!

車の中にこもるイヤな臭い。特に、誰か家族以外を乗せる時には、車内の臭いが気になります。車のさまざまな...

車のカーシャンプーの正しいやり方!洗う手順と注意点

洗車でカーシャンプーを使う時には、どのような手順で洗えば良いのでしょうか。普段はコイン洗車でサッ...

水垢の車用シャンプーを使って落とす!選び方や注意点を紹介

車のボディに付いた水垢を落とすには、車専用のシャンプーを使うのが安心です。しかし、車専用のシャン...

スポンサーリンク

いつのまにかつくのはナゼ?車のボディにつく水垢について

ピカピカの車のボディに水垢が付くと目立ちますよね。
水垢をどうにかしたいなら、まずは車のボディにつく水垢について知りましょう。

実は、水垢には種類があるのは知っていますか?

一般的に水垢と聞いて思い出すのは、お風呂の鏡やシンクなどに付く白いモヤモヤした物やうろこ状の物だと思います。これは水道水にせっけん成分などが混ざって水垢が出来ます。

車の水垢は大気中の汚れを含む雨や油分を含む水分から出来る物

「水垢」という位だから、水性だけだと思っている人も多いと思いますが、車に付く水垢は水性だけでなく油性の汚れもあるのです。

水性の水垢は、雨に含まれる汚れや車に付着していた土埃などが雨水と混ざり、水分だけが流れたり蒸発して汚れだけがボディに残った跡が水垢になります。

油性の汚れは、雨水にワックスや防水剤、車に使うオイル、排気ガスに含まれる油分が混ざって、油分だけ残った跡が水垢になります。

多くの場合は水性の雨と汚れに油分を含む水垢が原因になっているため、雨の後は出来るだけボディに雨水を残さないことがポイントです。

車のボディの水垢を落とす方法

油性でも水性でも、車のボディに付いてしまった水垢を落とすためには洗車が一番早いです。
でも、こまめに洗車しているのに、上手く落とせなかったり、すぐに付いてしまう水垢が気になる人もいるでしょう。

水垢に悩んでいる人は改めて水垢を落とすための洗車方法を確認して下さい。
1.全体を水洗いします。いきなり擦ったり、洗剤を使うのではなく、水浴びさせる要領で水だけで大まかなゴミを落とします。
2.洗剤を使って洗います。上のほうから順番に洗車用の洗剤を使って優しく擦り洗いしましょう。水垢落とし剤を使う場合は、部分的に使って乾く前に拭き取るようにしてください。
3.しっかりすすぎます。洗剤成分が残るとお風呂の水垢のように落としにくい水垢になってしまいます。ココがポイントという位にとにかくしっかりすすぎをしてください。
4.すすぎ終わったら、水分を拭き取りましょう。自然乾燥させるよりも水垢が付くのを防ぐことが出来ます。天気の良い日に洗車すると乾くのが早いですが、そうすると水垢が残りやすいデメリットもありますので、曇りの日がお勧めです。

乾いて水垢が落ちているのを確認したら、ワックスやコーディングをして完了です。

いかがでしたか?
特別な洗車方法ではないので、これで本当に水垢を落とせて、水垢にならないのか?と思ったかもしれません。
この方法で洗車しても水垢が残るという人は、すすぎをいつもより念入りにして、しっかり拭き上げてみてください。

車の水垢を落とすときにはこの方法はNG!

基本中の基本ですが、水垢を落としたい気持ちで強く擦るのは絶対にNGです。
強い力で擦ると、ボディを傷つける恐れがあります。部分的でもやめてください。

力を加えなくても、ボディに傷が付く素材を使うのもNG

例えば、研磨剤入りの洗剤を使ったり、堅い素材のブラシやスポンジは使わないでください。

メラミンスポンジは汚れが落ちやすい事で有名ですが、一見柔らかそうに見えて削り取る力が強いため、柔らかい素材に使うと傷が付いてしまいます。窓などガラス部分に使うなら良いですが、ボディには使用しないようにしましょう。

市販の水垢落としには研磨剤が入っていることもあります。また、車用の以外の洗剤は成分が強くて塗装を傷める危険もありますので、使用はあまりお勧めしません。

車用では落とせずに、どうしても他の洗剤を試してみたい場合は、目立ちにくい場所で試したり、短時間だけで目を離さないようにしてください。

車のボディについた水垢を落とした後はワックス

車のボディの水垢の原因は、油分や汚れを含む水です。そのため、洗車後は撥水効果のあるワックスを塗るのが一般的です。

水を弾いて水分が車体に残らなければ水垢は防げます。そのため、洗車後は撥水効果のあるワックス掛けすることは大切です。

撥水効果で水をはじいても完璧に水分の付着を防ぐことは出来ません

車体に残ってしまった水分は次第に蒸発して、油分や汚れが残ってそれが水垢になってしまいます。

車のボディに付く水分は油分が含まれている事が多いので、撥油効果があれば水分が飛んだ後の油分も弾いてくれます。すると、撥水効果のあるワックスだけよりも水垢が残りにくくなります。

車のボディの水垢を少しでも防止したいのであれば、車に付く水垢の原因をしっかり理解して、それを防ぐ方法を取るのがお勧めです。

水垢予防となる?ボディーのガラスコーティングの特徴

車のガラスコーティングをすれば、綺麗な状態が長続きするという事は…水垢も目立ちにくくなる?と思った事のある人もいるでしょう。

ガラスコーティングはあくまでも車の塗装を綺麗な状態を長続きさせるためにするものなので、汚れや水分は付きます。

汚れや水分が付くという事は水垢も付くという事

水垢に悩んでいる人は、ガラスコーティングを検討する人もいると思いますが、ガラスコーティングをしても水垢がゼロになる訳ではありません。

せっかくガラスコーティングをするなら、塗装の美しさを保つためにもしっかり洗車などのケアをしましょう。

洗車などのケアは大切ですが、洗車後の水分や雨の後の水分を放置すると水垢が目立つようになってしまうので、洗車後や雨の後はちゃんと拭いて水分を取り除きましょう。

しかし、雨のたびに拭くのは大変なので、車を水垢の原因になる雨に当たらないようにするのがベストです。

シャッター付き車庫等雨を完全に防げる屋根のある場所に駐車出来れば一番ですが、雨ざらしの屋外にしか駐車出来ない環境の人も多いと思います。

ある程度はあきらめて、こまめに洗車して水垢を早めに除去するのがいいと思いますが、車に乗る頻度が少ない場合はカバーを掛けて雨を防ぐ方法もあります。