芳香剤が効果的に香る車の中の置き場所は?その理由について

車に乗り込むと嫌な臭いが鼻につくことがあります。そんなときに頭に浮かぶのが芳香剤!取り替えどきかも?なんて思うことも少なくはありません。

もちろん効果が薄れて取替時期がきている場合もありますが、置き場所によっても匂いの発し方が違ってくることはご存知でしょうか。

ここでは車の中の、どの場所に置くと効果的なのか、その理由についてもご紹介をいたします。もちろん臭いは元から絶つのが一番!嫌な臭いの原因をなくすることも大切ですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のカーテンの取り付け方法とは?後部座席に取り付け方

車にカーテンをつけたいけれど、どのようにして取り付ければいいのでしょうか?そもそも自分で出来るものな...

曇り止めをするなら車にシリカゲル?湿気をとる方法

すぐに車の窓が曇ってしまうときにはどのようにすれば湿気を解消できるのでしょうか?乾燥剤のシリカゲ...

スピーカーの音割れの原因は?自分でできる修理と対処方法

車のスピーカーの音割れが気になる場合、修理が必要でしょうか?音割れだと自分では対処が難しいと感じます...

部屋の芳香剤と車用の芳香剤の違いとは?車の匂いを良くする方法

芳香剤は車用と部屋用にはどんな違いがあるのでしょうか?なんとなく、車用のほうが匂いがきつく感じますが...

車の屋根の塗装は自分でもできる!頼むときにかかる費用や予防法

車の屋根の塗装は気がつくと剥げていることがあります。大切な愛車だからこそ自分で塗装補修をしたいという...

部屋用芳香剤を車で使うときのポイントと選び方や置く場所

部屋用芳香剤を車で使っても良いのか気になったことはありませんか?車用の芳香剤は部屋用のものと比べて高...

タイヤのホイールの外し方と付け方を正しく理解しましょう

インターネットなどでタイヤを購入した場合、古いタイヤからホイールを自分で外して組み換えようと考える人...

車の改造を初心者がするのに簡単オススメなパーツや注意点

車の改造を初心者がするなら簡単なものからはじめるのがオススメです。車が好きで自分好みに車をカスタマイ...

車のドアモール取り付け方法ときれいに装着するコツ

車にドアモールを取り付けていますか?ドアモールはドアの保護や、見た目のポイントにもなる車の便利グッズ...

芳香剤、車内での効果的な置き方。香りを広げる方法

初めて自分の車を持ったという時には、車用の芳香剤を選ぶのも楽しいものです。カー用品のショップに行って...

スポンサーリンク

車の中の芳香剤の効果的な置き場所はニオイの性質がポイント

車に乗るとどことなく漂う悪臭…。

そんなふうに車のニオイが気になる時は、「芳香剤」を使って改善を図ろうとする方が多いと思いますが、芳香剤を置いたのにイマイチ効果が感じられない…と悩んだことはないでしょうか。

実はその悩み「置き場所」が原因となっている可能性があります。

芳香剤に含まれている成分と車内の空気では空気の方が軽い

芳香剤を低い位置においてしまうと、せっかくのニオイが床付近に沈んだままになってしまうのです。
そのため、芳香剤の効果を最大限に発揮させたいのであれば、そうした特性を踏まえて「なるべく高い位置」におく必要があるのです。

実際に他の車を見てみると、多くの方は芳香剤が外からでも見えるような高い位置においていますよね。
もしも、足元に近い位置に芳香剤を置いているのであれば、まずは一度置き場所を変えてみて、ニオイを感じられるか試してみて下さい。

車の芳香剤の置き場所はエアコンの吹出口に置くのもオススメ

車には必ずエアコンがついていますが、そんなエアコンの風が出てくる「吹出口」も、芳香剤の効果を高めるひとつの置き場所です。
エアコンの風を上手く利用することで、他の置き場所よりも、比較的早く車内にニオイを循環させることができます。

また、以前は置き型タイプが主流だった車の芳香剤も、最近ではエアコンに取り付けるタイプが豊富に販売されており、香りやデザインも様々です。
中には香りの強さを調整できるようなタイプのモノもあったりするため、素早く芳香剤の香りを循環させたいという方は、検討してみると良いかもしれません。

ただ、車種によってはエアコンの形の関係により、稀に取り付けが不可能な場合もありますので、購入時はよく確認した上で購入するようにしましょう。

芳香剤とは違う消臭剤!車の中の置き場所について

芳香剤の置き場所も改めたのに、未だに不快なニオイが残っている…。
そんな時は不快なニオイを「消臭剤」で排除した上で芳香剤を使うようにしましょう。

車で発生する不快なニオイは様々です。
食べ物のニオイ、タバコのニオイ、部活終わりのお子さんを乗せた時の汗のニオイ等など、色々なニオイがあると思います。
ただ、様々な種類がある不快なニオイには、全てある決まった特徴があるのです。

臭いは「低い位置に蓄積する」

車内で発生する不快なニオイは全て足元付近の低い位置に溜まるという傾向があります。そのため、そんな足元付近に不快なニオイを取り除くための消臭剤を置けば、不快なニオイで悩まされることはなくなり、芳香剤の香りだけを残すことができるのです。

ですが、消臭剤の置き場所によっては、芳香剤の香りを奪いかねません。
正しい消臭剤の置き場所は「足元付近の低い位置」です。

くれぐれもシートよりも上の位置には置かないようにして下さいね。

車の芳香剤はタイプによっても置き場所に違いが出る

車の芳香剤の種類はひとつではありません。

ボトルや缶タイプの「置き型」芳香剤

置き型は3タイプの中で、最も主流な芳香剤です。
香りや形も豊富で本当に様々な種類が販売されています。
そんな置き型の芳香剤は主に3つあります。液体か半液体か固形かです。
どの芳香剤を使うかは置き場所に合わせて決めるようにします。

例えば、液体を使うのであればこぼれないような安定した場所に置く必要がありますし、そうした場所が無いのであれば、動いても大丈夫なように半液体か固形を使う必要があります。

エアコンの吹出口に付ける「取付型」

安定して芳香剤を設置できる場所が無いという場合は取付型がお勧めです。
このタイプは、液体の置き型とは違い液漏れ等の可能性が低く、車内の景観を損なう心配もありません。
ただ、エアコンから発生する風を利用して香りを広げるものですので、エアコンを使わない場合は効果を実感できにくいことが考えられます。

車は振動が付き物の乗り物です。
軽く固定できてれば大丈夫だろう!なんて考えていたら、芳香剤の中の液が漏れて大変な状況になりかねませんので、芳香剤を選ぶ時は、車内の状況をよく考えた上で選ぶようにしましょう。

芳香剤ばかりに頼らずにこまめな掃除も大切

車の芳香剤は車内がキレイな状況であるからこそ効果を発揮するものでもあります。
そのため、車内が酷く汚れているというような場合には、まずは掃除から始めて、ニオイの原因となっている悪臭を取り除くことも大切です。

ゴミ箱のゴミはこまめに捨てるのはもちろんのこと、掃除機をかけたり、拭き掃除を行うことも大切です。

また、シートは身体と直に触れ合う部分であり、車内の悪臭の大きな要因のひとつでもありますので、定期的に洗浄することも忘れてはいけません。

せっかくの芳香剤を台無しにしてしまわないためにも、定期的な車内清掃はぜひ行うようにして下さいね。