大きい車の運転が怖い!上手に運転するコツとポイントを解説

それまでは小さい車になっていたのに大きい車に買い換えることになったら、運転することを怖いと感じることもあります。

特に女性の場合は、あまり車の運転に自信がなく、運転が下手でも大丈夫だろうかと考えることもあるのではないでしょうか。

ここでは、大きい車を安全に運転するコツやポイントについてお伝えします。事故などの危険な状況を引き起こさないように、練習をして運転に慣れるように頑張りましょう。

安全運転を心がけることで、大きい車を上手に運転できるようになりましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オートマとマニュアルどっちがいいか迷った時の判断基準を紹介

運転免許の取得の時には、オートマとマニュアル、どっちがいいのか悩む方は多いと思います。簡単なのはオー...

運転するのが怖いのを克服する方法とは?初心者の人々へ

運転初心者は怖いと思う気持ちをどのように克服したらいいのでしょうか?免許を取得した後は、当たり前です...

スポンサーリンク

大きい車は運転しづらい?もしかしたら誤解かも

普段軽自動車で移動が多いためたまに大きな車に乗ると感覚がつかめず気が張りまよね。運転の技術でも不安になってしまいますが、大きな車に乗ると色々な利点もあります。

大きい車は視界が広い

それぞれ車に合ったフロントガラスなので、大きいから見やすいというのは違うのでは無いかと思いますが、小さな車よりも大きな車のほうが車高が高くなり上からの視界が見やすくなります。

大きい車に合った装備

車が大きいと見えない部分がない様についているサイドミラーも大きな形状のものになるため隅々まで見やすくなります。車体が長くなり駐車の時に障害物までの距離がわかるようにバックモニターがついていたり安全装備が充実しているため運転しやすいです。

大きい車の運転は車両感覚がポイント!覚え方のコツ

助手席側は自分が運転している方からかなり離れているため感覚がつかめず左に寄せて留めるのはとても気が張ります。車両の前方、後方がぶつかってしまうのでは無いかと気になってしまいますが経験あるのみです。

人通りや車通りの少ない場所を探して練習

車体よりも高さのある塀やフェンスを使って練習しましょう。練習中は集中してしまうので車が通らない場所でもハザードをつけて練習をすると周りが気づき注意してくれるでしょう。またもう一人ついてもらって外で周囲を確認するとさらに安心です。

ミラーと壁までの範囲を確認

車の側面で飛び出ているミラーを基準に寄せると車のボディーを擦ることはなく左側に寄せることができます。ミラーと壁との間どのくらいあるかを確認しながら感覚を覚えましょう。

白線を使って練習

道路にある白線に近づけてみましょう。道路を走っているときに左脇にある白線をバックミラーを確認しながら踏まないようにぎりぎりまで近づけてみましょう。車通りや人通りを必ず確認し練習の最中は車の外周を確認できる人と一緒に行いましょう。

自分の乗る車の大きさや運転席からの見え方など車両の大きさや幅を身につけることが大事です。

大きい車の運転が怖い!前後の車両感覚を覚える方法

デイライトがおすすめ

車を走行中に使うヘッドライト、明るい日中でもつけて走っている企業も見かけます。

日中でもついていることが確認できるほど明るく見やすいライトをつけて練習すると、練習している壁に近づくほど明るく、小さく反射するためとてもわかりやすいです。

バックライトも確認

前方の感覚と同じようにバックライトを使って練習しましょう。後ろの壁に近づくほど明るく反射するため、ぎりぎりまで行ったときの明るさを把握することができます。バックライトも目立ちますがブレーキランプでも確認することが出きます。

出来たらどのくらいの距離までつめることが出来たかを目視で確認しましょう。体感と目視で確認を繰り返すと感覚がつかめます。どちらの練習も車の外周に誰かについてもらい危険を回避できる状態にして練習しましょう。

また運転が得意で車の特性を把握している人が隣に居ると導いてくれるため安心です。

大きい車を運転する時は車の排気量を意識することも大切

大きな車に限らず、普段の車と違うだけで感覚が変わってくるため細心の注意が必要になります。

排気量が変わるとどんな点が違うか?

アクセルの踏み込みの違い

アクセルを今までと同じ様にふむとなかなかスピードが上がらなかったり、加速がついたら少し踏んだだけでかなりスピードが上がったりと大きな車を動かすには初動が変わってくるでしょう。車が大きくなった分重くなるため動かす力にも違いが出てきます。

ブレーキの効きの違い

目的の場所に止まるまでの距離が変わってきます。大きい重さのある車を停車するには急には停まれず距離をつかむ必要があります。

出ているスピードにも関係してくるのでスピードの落とした時の感覚として覚える必要があります。

大きい車を安全に運転するには慣れるまで初心に戻ったつもりで運転を

早く目的地に着くことが上手な運転ではありません。道を知っているからとも違います。車に負担がなく安全に運転してこそ上手と言えるでしょう。

自動車学校で学んだことを思い出す

どんなに安全に運転していても自分ではない車が急に停まったり、歩道を走っている自転車や歩いている人が予期せぬ動きをする事があります。そうそうあることでは無いですがそれらを心して注意して運転しましょう。

また自分の目で確認しましょう。自動車学校ではフロントミラー、サイドミラーだけではなく目視でも安全を確認し行動を起こしていました。大きい車は特に重要な行動です。初心にかえって気を引き締めて運転し感覚をつかみましょう。