水垢がついた車はポリッシャーできれいに?水垢落としについて

車を洗車していると、ボディのざらつきが気になることありませんか?その原因は水垢!車庫やカーポートがない場合は、車が雨ざらしになってしまうので、水垢を防ぐことは難しいものです。

そこでついてしまった水垢にはどう対処するのが良いのか?ポリッシャーを使うのが良い?など、水垢落としの気になる方法についてご紹介をいたします。

ポリッシャーを使用しなくても水垢を落とす方法はあります。まずはこちらの記事を読んでからポリッシャーの購入を考えてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水垢を落とす方法とは?車のボディについた水垢対処方法

車のボディについてしまった水垢はどのようにして落としたらいいのでしょうか?洗車をした後であっ...

車のホコリ取りに便利な羽【毛ばたき】の正しい使い方と注意点

テレビのドラマなどで、お抱え運転手が車のホコリ取りに使っているの羽のようなもの。実は【毛ばたき】とい...

水垢の車用シャンプーを使って落とす!選び方や注意点を紹介

車のボディに付いた水垢を落とすには、車専用のシャンプーを使うのが安心です。しかし、車専用のシャン...

【水垢の落とし方】車に付く水垢の種類と種類別の対処方法

車を洗車しているとザラつきを感じ、よく見てみると水垢が発生していることがあります。車に付く水...

水垢落とし【車のガラス】自分でできるおすすめ方法と注意点

車のガラスにうろこ状にできた水垢。水垢落としをしたいけど、車のガラスを傷つけるのは嫌だし、自分で...

車のヘッドライトの黄ばみ取り方法!黄ばむ理由と解決方法を解説

車のヘッドライトが黄ばんでしまい、黄ばみ取りをしたほうが良いのか悩んでいる人もいるのではないでしょう...

車のホコリの原因は静電気!静電気の原因と予防・ホコリ対策方法

車を綺麗にしていても、気がつけばいつの間にかホコリが付着していることがあります。車内にホコリがたまる...

メラミンスポンジで車の未塗装樹脂パーツが蘇る?方法と注意点

車を洗車していると、ふと車の樹脂パーツがくすんでいる?そう感じたことがある方は、少なくないはずです。...

車内掃除の掃除機はガソリンスタンドやコイン洗車場で使用が可能

車内の掃除、掃除機を利用する場合、お家が一戸建てだと外についているコンセントに掃除機をつないで、シー...

車のカーシャンプーの正しいやり方!洗う手順と注意点

洗車でカーシャンプーを使う時には、どのような手順で洗えば良いのでしょうか。普段はコイン洗車でサッ...

重曹スプレーでスッキリ消臭。車の消臭と掃除に重曹が効果大!

車の中にこもるイヤな臭い。特に、誰か家族以外を乗せる時には、車内の臭いが気になります。車のさまざまな...

車の後ろのガラスが曇るときの原因と困ったときの対処法とは

車の後ろのガラスが曇ると後ろや周りがよく見えなくなるので運転がしにくくなります。特に車線変更をしたい...

芳香剤が車で匂わない?匂わない原因と対処方法をご紹介

車の芳香剤を買ってきたばかりなのに、全然匂わない。そう感じる時ありますよね。また最初は香りがしていた...

メラミンスポンジで車のガラスを掃除するのは止めましょう

メラミンスポンジで車のフロントガラスの油膜や水垢を掃除してもいいのでしょうか?家の掃除にはか...

スポンサーリンク

車について水垢はポリッシャーを使う?ポリッシャーとは

車を毎日大切にしている方にとって、車に水垢がついてたら、もう大変。

すぐに取りたい気分になります。

そんなあなた。ひょっとしたら、ポリッシャーが車の水垢を取るのに、良いなんて噂を聞いたかもしれませんね。

ポリッシャーを使用しなくても綺麗にはなる。

車から水垢を取らなくてはいけない時、どうしてもポリッシャーを使用しなくてはいけないのかと聞かれたら、他のスポンジでも汚れはとれるというのがより適切な答えだと思います。でも、しつこい汚れには、ポリッシャーが役立ちます。もしくは、スポンジを使用して車の水垢を取ってはいるけど、もっと綺麗にしたい。もっとピカピカにしたい。そんなワンランクもツーランクも上のレベルの綺麗さを求めている方には、お薦めの掃除道具になります。

ポリッシャーは水垢の汚れに向いている

車に付着している、水垢がどうしても気になるのであれば、ポリッシャーを使用して、綺麗にして下さい。

水垢落としに使える?車のポリッシャーの使い方

ポリッシャーは確かに、車の水垢落としには、効果があります。だからこそ、あなたもその評判を聞いたのだと思います。

でも、どんな便利な掃除道具もただ使用しなくてはいけないという訳ではありません。元々、ポリッシャーは使用する部分を少し削って、それで水垢を取る。

ですので、初めからポリッシャーの使用に頼るのではなく、初めは、洗車をする、スポンジなどで水垢の部分を落とす、また洗車をする、乾燥をさせ、マスキングをし、ポリッシャーを使用するなど、全部が全部、ポリッシャー一つで解決するという訳ではありません。

車ですから、洗車である程度の汚れは取れます。そして、スポンジで車を洗うことも大切です。その後に、ポリッシャーを使用する。そのプロセスを経て、車についている水垢は落ちるのです。洗車もスポンジもやはり必要なこと、頭に入れて下さいね。

ポリッシャーを使う前に車につく水垢について知ることが大切

使い方には注意しなくてはいけませんが、車についている水垢は、ポリッシャーがあれば、落ちます。洗車やスポンジで洗う作業もしつつ、ポリッシャーも使用すれば、水垢は落ちます。

そもそも、どうして車に水垢がつくと思いますか?理屈はお風呂にどうして水垢がつくのかのと同じなようです。この水垢、落とすのがなかなか難しく、日頃から洗車を心がけていても、それでもついてしまうものです。

洗車をしても、車につく水垢の予防にもならないし、完全に水垢を落とせないのも悩みの種です。

また、ガラスコーティングをしてもらっても、ずっと安心はできません。その効果は、いつまでも持つわけではありません。やはり、日頃からの車を大切にする、手入れをこまめにすることで、水垢を予防できるようです。 雨が降った後など、降った雨で水垢はできやすくなります。すぐに洗車をする。予防のためにすぐに洗車をする。これが一番の予防対策になるのだと思います。

ポリッシャーを使わずに車の水垢を落とす方法

ポリッシャーで車に付着している水垢は落とせます。ただ、上記でも少し説明しましたが、触れる部分を少し削って水垢を落とすことになります。それがいやであまりポリッシャーを使用したくない方もいると思います。

汚れの種類にもよります。あなたの車に付着しているその水垢が油が原因なら、カーシャンプーで落ちます。カーシャンプーを購入して、しっかりと泡をたてて、水垢ができている部分を洗います。その際、マイクロファイバーを使用すると、よりスムーズに車についている水垢を落とすことができるようです。

カーシャンプーとマイクロファイバーがあればなんとかあなたの手でも、車についている水垢は落とせるようです。

ポリッシャーにあまり頼りたくない、水垢の原因が油である、ここまでわかっているのなら、カーシャンプーとマイクロファイバーを買って、自分で泡だてて、水垢を取りましょう。カーシャンプーでも効果がないのなら、水垢落としを利用して下さい。

車の水垢が気になる場合は、まずはプロに相談

どうしても、自分の車についている水垢が気になる。水垢を落とすのに、ポリッシャーも試したし、カーシャンプーも試した。

色々試したけど、まだあなたの目に適った綺麗さは得られない。

この際、プロの方はどういうのか、相談しましょう。プロの方の判断も時には必要です。あなたはもしかしたら、車についている水垢を落とすのに、プロに頼むと、けっこうかかる、万単位を予想しているかもしれませんね。一概には言えませんが、高くても6千円くらいで済むディーラーさんもあります。リサーチして、安いところを見つけて、あなたの愛車の水垢を落としてもらう。色々試してもだめであれば、そんな手もあります。

相場はそれぞれのディーラーで違うとは思います。でも、自分でやって納得がいかないのなら、最後はプロにやってもらいましょう。

車についた水垢。ポリッシャーを使わずとも、洗車やカーシャンプーでどうにかなることもあります。ポリッシャーを使用して車についている水垢を落としたいのであれば、注意して頂きたいのは、洗車や他のスポンジなどで洗わなくてはいけないプロセスがある点です。ポリッシャーを使用するにしろ、洗車はやはり必要です。洗車、マスキングも必要、それらの点にも注意しながら、ポリッシャーを使用して下さい。