ガラスの曇りを除去したい!車のフロントガラスの曇りを取る方法

車のフロントガラスの曇りに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。特に、車に関する知識がないと、曇る理由も曇りを除去する方法もわからないものです。

ここでは、車のフロントガラスが曇る理由と、曇を除去する方法についてお伝えします。
フロントガラスが曇った状態で運転をするのはとても危険なことです。曇りを除去することで、安全な運転ができるようにしましょう。

これからご紹介する内容はとても簡単に曇りを取ることができる方法です。

車に関する知識がない人でもすぐにできる方法ですので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車の電気をつけっぱなしに!バッテリーが上がた時の対処法

車を降りる時、うっかりルームランプなどの電気をつけっぱなしにしてしまうこともあります。急いで車を降り...

車の後ろのガラスが割れた!交換費用やできないときの対処法

車の後ろのガラスが割れたのを発見したときはすぐにガラスの交換や修理をオススメします。フロントじゃない...

車のヘッドライトの磨き方を理解して、黄ばみをきれいに落とそう

長い間同じ車に乗っていると、どうしてもヘッドライトも黄ばんできてしまうでしょう。しかし、自分で磨...

車のヘッドライトの交換を自分でする方法や注意点と費用相場

車のヘッドライトの交換は手順がわかれば自分でもすることができます。ヘッドライトが切れているのに、その...

車のヘッドライトの曇りは何が原因?クリアな状態を保とう

車のヘッドライトに曇り。見た目も悪いですしヘッドライトはクリアな状態にしたいものですが、何が原因...

車の屋根のへこみ修理!ディーラーと板金屋の費用相場について

車の屋根のへこみを発見したときはとてもショックですよね。車の屋根のへこみは意外と見落としがちで、修理...

車の電源ソケットの修理方法!原因別の対処法と費用や注意点

車の電源ソケットの修理は故障の原因によって修理方法や対処法が違ってきます。急に電源ができなくなると焦...

車のエンジン警告灯の修理費用!原因や費用を抑える方法

車のエンジン警告灯の修理費用は故障の原因によっても違います。走行中に突然エンジン警告灯が点灯したら焦...

車の電気系統がつかない!オルタネーター故障の予兆と寿命を解説

車の電気系統がつかないと、運転に支障が出てしまうこともあるため安全に走行することができなくなってしま...

スポンサーリンク

車のフロントガラスの曇りを除去したい!曇ってしまう理由

車のフロントガラスが曇ってしまうと運転に支障があり、大変危険ですね。運転中に段々と曇ってくると非常に厄介なものです。曇りの対策のために、まずは何故窓が曇ってしまうのかを考えてみましょう。

曇りの原因は、空気中の水分が冷やされて窓に付いた水滴、結露

冬に家の中の窓が結露したり、浴室の鏡が曇るのと同様の原理です。
外よりも車内が暖かい場合は車内の空気中の水分が窓の近くで冷えて窓に付きます。

空気中の水分が多いほど窓に付く水分が増えて曇りがひどくなります。汗をかいた後やお風呂に入った後は人体から蒸気が発散されるので空気中の水分が増えて更に曇りやすくなります。

フロントガラスの曇りを除去するにはエアコンの活用が便利

フロントガラスの曇りを素早く除去するには、エアコンを入れるのが一番効果的です。

外が寒くて車内との温度差で結露が生じている場合、エアコンを入れると窓付近の温度が外気温に近くなり、結露の原因が解消されます。また、エアコンを入れると除湿ができるので、室内の空気中の水分が減少し、窓の曇りが解消されます。走行中など、とにかく直ぐにフロントガラスの曇りを取りたい場合には、エアコンを使用しましょう。

エアコンで曇り解消

  1. エアコンのスイッチを入れて風量を最大にします。
  2. 風の吹き出し口をフロントガラスに設定します。窓ガラス意外への送風口からも風が吹き出す場合は、窓に向けて角度を調節します。

この操作によりエアコンの風が窓の水分を瞬時で乾燥させて曇りを取る事ができるのです。

エアコンの使用は雨など天候が悪かったり、外の空気が悪くて窓が開けられない場合にも有効です。
ただ、季節によりエアコンを入れると快適温度にならない場合があるのが難点です。

エアコンは長期間使用していないとフィルターがカビで臭いが発生したり、ガスが足りないと効果が発揮されない場合があるので、定期的にメンテナンスするようにしましょう。

フロントガラスの曇りを除去したいときは窓を開けることでも対処できる

窓を開けてフロントガラスの曇りを取り除く事もできます。

車内の湿った空気が外に出され、車内の温度が外に近くなるためです。

窓に直接風をあてて曇りを除去するエアコンより速度は遅くなりますが、できるだけ早く車内の空気を入れ替えると早く曇りを取り除く事ができます。全部の窓を全開にすると走行中は大変な事になってしまいます。車内のものが車外に飛び出しかねません。また、フロントガラスが曇る時期はまだ寒くて窓からの風に当たりたくない場合が多いでしょう。

できるだけ寒い風に当たらずに換気をする方法

運転席の後ろの座席の窓を4cmくらい開けます。助手席の窓は8cmくらい開けます。窓を開く幅はこの通りでなくてもよいのですが、後部と全部の窓の開く比率が1対2になるようにすると風通りが良くなります。ワゴンタイプの大きな車では、運転席の後部座席の代わりに運転席の最後部座席の窓を開けます。

この方法だと助手席の窓から運転席後部の窓へ空気が流れるので運転席に直風があたりません。

助手席に人が居てその人が寒がりの場合は、助手席の後部座席の窓を4cm、運転席の窓を8cm開けます。ワゴンタイプの大きな車では助手席の後部座席の窓の代わりに助手席の最後部座席の窓を開けます。

フロントガラスの窓の曇りが除去できた後も1~2cm程度開けておくとその後も曇りづらくなります。

フロントガラスの曇りはデフロスターの利用で除去が可能

デフロスターはフロントガラスの曇りを取るために搭載されている機能です。デフォッガーはリアガラスの曇りを取り除くためのものです。

デフロスターのスイッチを入れるとエンジンルームで温められて乾燥した空気がフロントガラスに向けて強い風圧で吹き付けられます。それにより曇りをあっという間に除去することができます。

ただし車によってはデフロスターが無い場合があります。その場合はエアコン機能を最大にして窓に風が当たるようにして使用しましょう。

デフォッガーは寒冷地では熱線が入っていて、スイッチを入れると熱線に電気が通って加熱されます。それにより凍りついた雪や氷を溶かします。

フロントガラスを普段から綺麗にすることで曇りを予防

ガラスの表面が汚れていると表面積が大きくなるのでその分細かい水の粒のつく量が増えて窓が曇りやすくなります。ガラスの表面は汚れているように見えなくてもタオルなどで拭いてみると結構に黒くなります。知らず知らずのうちに付いている汚れをたまに拭くようにすると窓も曇りづらくなります。

また、曇りの原因はガラスに付く細かい水の粒なので、空気中の水分が少ないと曇りづらくなることになります。

車内に除湿できるものを置いておくと良い

おすすめは重曹を布の袋に入れたものです。重曹は掃除や料理に使用されますが、除湿や消臭の効果もあります。目の細かい布を袋状に縫ってその中にカップ一杯程度の重曹を入れて口を閉じます。布を縫うのが面倒な場合は薄手の布を使用してホチキスで留めて袋にすることもできます。

重曹が水分を吸って硬くなったら崩したり水に溶いて掃除や洗濯槽の洗浄に使用します。