【水垢の落とし方】車に付く水垢の種類と種類別の対処方法

車を洗車しているとザラつきを感じ、よく見てみると水垢が発生していることがあります。

車に付く水垢には2種類あり、ガラス部分に付く水垢とボディに付く水垢、この二つの水垢は水垢落としにも違いがあり、それぞれに合った水垢落としが必要となります。

まずは水垢が起こる原因を知り、水垢に合った洗剤や落とし方を行いましょう。

ここでは水垢の落とし方と、洗剤や水垢落としを行う際の注意点についてご紹介をいたします。また日頃の水垢防止のケアについてもご紹介をいたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のヘッドライトの黄ばみ取り方法!黄ばむ理由と解決方法を解説

車のヘッドライトが黄ばんでしまい、黄ばみ取りをしたほうが良いのか悩んでいる人もいるのではないでしょう...

車のカーシャンプーの正しいやり方!洗う手順と注意点

洗車でカーシャンプーを使う時には、どのような手順で洗えば良いのでしょうか。普段はコイン洗車でサッ...

車の後ろのガラスが曇るときの原因と困ったときの対処法とは

車の後ろのガラスが曇ると後ろや周りがよく見えなくなるので運転がしにくくなります。特に車線変更をしたい...

芳香剤が車で匂わない?匂わない原因と対処方法をご紹介

車の芳香剤を買ってきたばかりなのに、全然匂わない。そう感じる時ありますよね。また最初は香りがしていた...

重曹スプレーでスッキリ消臭。車の消臭と掃除に重曹が効果大!

車の中にこもるイヤな臭い。特に、誰か家族以外を乗せる時には、車内の臭いが気になります。車のさまざまな...

車のホコリの原因は静電気!静電気の原因と予防・ホコリ対策方法

車を綺麗にしていても、気がつけばいつの間にかホコリが付着していることがあります。車内にホコリがたまる...

メラミンスポンジで車のガラスを掃除するのは止めましょう

メラミンスポンジで車のフロントガラスの油膜や水垢を掃除してもいいのでしょうか?家の掃除にはか...

メラミンスポンジで車の未塗装樹脂パーツが蘇る?方法と注意点

車を洗車していると、ふと車の樹脂パーツがくすんでいる?そう感じたことがある方は、少なくないはずです。...

水垢の車用シャンプーを使って落とす!選び方や注意点を紹介

車のボディに付いた水垢を落とすには、車専用のシャンプーを使うのが安心です。しかし、車専用のシャン...

車のホコリ取りに便利な羽【毛ばたき】の正しい使い方と注意点

テレビのドラマなどで、お抱え運転手が車のホコリ取りに使っているの羽のようなもの。実は【毛ばたき】とい...

車内掃除の掃除機はガソリンスタンドやコイン洗車場で使用が可能

車内の掃除、掃除機を利用する場合、お家が一戸建てだと外についているコンセントに掃除機をつないで、シー...

水垢落とし【車のガラス】自分でできるおすすめ方法と注意点

車のガラスにうろこ状にできた水垢。水垢落としをしたいけど、車のガラスを傷つけるのは嫌だし、自分で...

水垢を落とす方法とは?車のボディについた水垢対処方法

車のボディについてしまった水垢はどのようにして落としたらいいのでしょうか?洗車をした後であっ...

水垢がついた車はポリッシャーできれいに?水垢落としについて

車を洗車していると、ボディのざらつきが気になることありませんか?その原因は水垢!車庫やカーポートがな...

スポンサーリンク

車につく水垢!水垢と油汚れの関係性

まずは車に水垢がつく原因からチェックしておきましょう。

雨水が車に付着したまま乾燥した

雨水や水道水にも含まれているミネラルが車体に付いたまま乾燥すると、水垢として残ってしまいます。そこにホコリや細かい塵、泥が混ざっていると茶色く、さらに目立つ水垢汚れに。水そのものというよりは、水に溶けた不純物がこびりついている状態です。

放置すると塗装にまで染み込んで取れにくくなってしまいます。一見綺麗に見えてもワイパーを上げてみると、水垢汚れが溜まっていたりします。

大気中、排気ガスなどから出る油分が付着した

油性の水垢汚れもあります。それは工場の煙や排気ガスなどから出る油分、もしくは車に使われているワックスやコーティング剤が取れているということが考えられます。

ワックスを使うと汚れはつきにくくなりますが、時間の経過と共に効果が落ちて逆に汚れがつきやすくなってしまうのです。

車の窓ガラスについた水溶性の水垢の落としかた

車の窓ガラスの水垢汚れは、お風呂の鏡を洗うのと同じような方法で落としていきます。とくにワイパーの行き届かない窓枠隅の部分に付着しやすいので、隅々まで洗うようにしましょう。

ガラスは酢やクエン酸で綺麗にするという方法がありますが、これらはもしボディに付くと錆びに繋がったりするおそれがあるので、車専用のガラスクリーナーを使いましょう。
水性、油性の水垢汚れどちらにも対応している製品があるので、そういったものがおすすめです。
ガラス専用のクリーナーは、車のボディには使わないようにしてくださいね。

やり方

  1. 窓ガラスを水で流し、大体の汚れを取った後、クロスで水分を拭き取る。
  2. 専用ガラスクリーナーを窓ガラスにつけて磨く。力を入れすぎないようにしましょう。
  3. 水で洗い流す。流すだけではクリーナーが落ちにくいので、スポンジ等を使ってしっかり洗い流してください。
  4. クロスで水分を拭き取る。

車のボディに付いた軽い水垢の落としかた

車のボディに付いた水垢は、付いたばかりの軽いものならカーシャンプーを使って洗車すれば落ちます。汚れに気づいたらこまめに洗うようにしましょう。

ボディの水垢汚れにコンパウンドを使うのは塗装を傷つけてしまうことがあるのであまりおすすめしません。基本的にはカーシャンプーで落としましょう。コンパウンドは最終手段で。

やり方

  1. 車全体を水で洗い流し、大体の汚れを取る。
  2. カーシャンプーを泡立て、やわらかいスポンジかクロスで水垢汚れを擦り落とす。
  3. カーシャンプーが乾かないうちに擦った部分を乾いたクロスで拭き取る。水垢汚れの落ち具合を確認してみてください。
  4. 水でしっかり流し、乾いたクロスで水分を拭き取る。

車に付いた水垢落としの方法と注意点

コンパウンド入りのカーシャンプーを使う場合

洗車用カーシャンプーには様々な種類のものがありますが、水垢汚れに特化したシャンプーもあります。

コンパウンドが含まれているので、頑固で普通のカーシャンプーでは落としきれない場合は使ってみましょう。

ただしコーティングが落ちたり傷つくこともあるので、最初に目立たない箇所でのテストをおすすめします。またコンパウンド入りのものは泡が立ちにくい傾向にあるので、強く擦りすぎないよう注意しましょう。

食器用洗剤を使う場合

食器用洗剤でも車の水垢汚れはよく落ちます。ただ車専用には作られていないので、泡切れや頑固な油性水垢汚れはやはり車専用の洗剤の方に軍配が上がります。

手軽に食器用洗剤で済ませたいという場合は、水で薄めて泡切れを良くすること、最後にしっかりと洗い流すことが大切です。

特にゴムや樹脂製の部分にはよく洗い流して残らないようにしてください。こちらもワックスやコーティング剤まで落ちてしまうおそれがあるので、注意しながら行ってください。

古くなったワックスを取り除きたい時などには食器用洗剤を使うと良いです。

水垢をつけにくい車のお手入れ方法

水垢汚れを綺麗にしたら、次はあまり水垢をつけさせない予防対策をしておきましょう。

定期的に洗車をする

これができたら一番です。最低でも月1は行いましょう。

忙しくてなかなか…という方は、雨が降った日や汚れに気づいたら、こまめにシートクリーナーで拭くだけでもちがいますよ。

洗車時のコツ

  • 晴れの日はシャンプーがついたまま乾いてしまいやすいので、晴れの日に洗車は避ける。
  • 泡切れの良いカーシャンプーを選ぶ。上から下へ洗う。
  • 洗車時の水分が残ってしまっても水垢に繋がるので、水切りはスピーディーに行う。
  • 拭き上げは柔らかいクロスで。

など、基本的なコツをしっかり抑えながら洗車しましょう。

撥水コーティングをする

水垢汚れを落とした仕上げには、ガラスもボディも必ず撥水コーティングをしましょう。これを怠るとまたすぐに水垢が付き、汚れやすくなります。

市販のワックス剤やコーティング剤を使うか、専門店でやってもらう方法があります。

専門店でやってもらうと価格はその分しますが、持続効果・見栄えが全然異なるので、あまり頻繁に洗車できないという方こそおすすめです。ただ市販のものでもやらないよりは十分効果がありますのでお財布と相談しながら行ってください。