車のヘッドライトの黄ばみ取り方法!黄ばむ理由と解決方法を解説

車のヘッドライトが黄ばんでしまい、黄ばみ取りをしたほうが良いのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そのままでも良いのか、綺麗にしたほうが良いのか、知識がないとなかなか分からないものです。

ここでは、車のヘッドライトが黄ばんでしまった時のデメリットと、自分で黄ばみを綺麗にする方法についてお伝えします。

ヘッドライトの黄ばみは、磨くことで綺麗なヘッドライトに戻るようです。実際の手順を確認して、対策について考えてみましょう。

また、黄ばむ原因と対処法についてもご紹介しますので、こちらも参考して黄ばみの予防を行いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のカーシャンプーの正しいやり方!洗う手順と注意点

洗車でカーシャンプーを使う時には、どのような手順で洗えば良いのでしょうか。普段はコイン洗車でサッ...

水垢の車用シャンプーを使って落とす!選び方や注意点を紹介

車のボディに付いた水垢を落とすには、車専用のシャンプーを使うのが安心です。しかし、車専用のシャン...

水垢落とし【車のガラス】自分でできるおすすめ方法と注意点

車のガラスにうろこ状にできた水垢。水垢落としをしたいけど、車のガラスを傷つけるのは嫌だし、自分で...

メラミンスポンジで車の未塗装樹脂パーツが蘇る?方法と注意点

車を洗車していると、ふと車の樹脂パーツがくすんでいる?そう感じたことがある方は、少なくないはずです。...

重曹スプレーでスッキリ消臭。車の消臭と掃除に重曹が効果大!

車の中にこもるイヤな臭い。特に、誰か家族以外を乗せる時には、車内の臭いが気になります。車のさまざまな...

車の後ろのガラスが曇るときの原因と困ったときの対処法とは

車の後ろのガラスが曇ると後ろや周りがよく見えなくなるので運転がしにくくなります。特に車線変更をしたい...

車のホコリ取りに便利な羽【毛ばたき】の正しい使い方と注意点

テレビのドラマなどで、お抱え運転手が車のホコリ取りに使っているの羽のようなもの。実は【毛ばたき】とい...

水垢を落とす方法とは?車のボディについた水垢対処方法

車のボディについてしまった水垢はどのようにして落としたらいいのでしょうか?洗車をした後であっ...

車内掃除の掃除機はガソリンスタンドやコイン洗車場で使用が可能

車内の掃除、掃除機を利用する場合、お家が一戸建てだと外についているコンセントに掃除機をつないで、シー...

芳香剤が車で匂わない?匂わない原因と対処方法をご紹介

車の芳香剤を買ってきたばかりなのに、全然匂わない。そう感じる時ありますよね。また最初は香りがしていた...

水垢がついた車はポリッシャーできれいに?水垢落としについて

車を洗車していると、ボディのざらつきが気になることありませんか?その原因は水垢!車庫やカーポートがな...

車のホコリの原因は静電気!静電気の原因と予防・ホコリ対策方法

車を綺麗にしていても、気がつけばいつの間にかホコリが付着していることがあります。車内にホコリがたまる...

メラミンスポンジで車のガラスを掃除するのは止めましょう

メラミンスポンジで車のフロントガラスの油膜や水垢を掃除してもいいのでしょうか?家の掃除にはか...

【水垢の落とし方】車に付く水垢の種類と種類別の対処方法

車を洗車しているとザラつきを感じ、よく見てみると水垢が発生していることがあります。車に付く水...

スポンサーリンク

車のヘッドライトの黄ばみ取りはしたほうが良い?放置するとデメリットがある

ヘッドライトが経年劣化によってだんだんと黄ばみが出てくると、見た目が悪くなってしまうだけでなく、気付かないうちにヘッドライトの光が遮られて暗くなってしまいます。

最近ヘッドライトが暗くなってきた気がする、と感じる場合は黄ばんでいないか確認してみましょう。
黄ばみがない場合は、ヘッドライトバルブの劣化で暗くなっている可能性があるので、バルブ交換をしましょう。

黄ばみが出ていた場合は、ヘッドライトの明かりが遮られて暗いままの夜間の走行は危険なので、なるべく早く黄ばみ取りをしましょう。

黄ばみがひどいと光量不足で車検に通らない

ここまでになってしまうと交換するしかありません。

経年劣化で起こることなので、ヘッドライトのコーキングなども同じように劣化が進んでいます。
ヘッドライトユニット内に水が入ってしまったり、レンズの内側が黄ばんでくることもあります。

黄ばみがひどく悪化してしまうと表面を磨くなどだけでは改善することは難しく、レンズだけの交換ではなく、ヘッドライトユニットを丸ごと交換するASSY交換をすることになり、交換費用が高額になってしまいます。

自分で車のヘッドライトの黄ばみ取りをしたい!初心者さんはグッズを利用すると便利

カー用品店やホームセンターなどでは、ヘッドライトの黄ばみ取りクリーナーが販売されていて、およそ千円で購入できます。

自分でも簡単に作業できるので、挑戦してみましょう。

必要なものは黄ばみ取りキットと根気

力もいらないので、女性でも簡単にできますよ。
黄ばみ取りクリーナーは研磨剤が配合されており、黄ばんだ部分を削り落とすことできれいにしていきます。
レンズ表面のコーティングも削り落とすことになるので、磨いたあとに長持ちさせて黄ばみを防ぐためにコーティングが必要になります。
黄ばみ取りキットにコーティング剤が付いたものがあるので、おすすめですよ。

また、研磨剤で磨くので、ヘッドライト周りのボディーについてしまうと、小傷がついてしまいます。
作業する前にマスキングをしておきましょう。

  1. マスキングをしたら、キットについているクロスに黄ばみ取りクリーナーを取り、ゴシゴシ磨いていきます。
  2. 黄ばみが取れたら洗い流します。
  3. しっかり水気を拭いて乾かしたら、コーティング剤を塗って完成です。

取れにくい場合は、クリーナーを付け足しながら何度も繰り返しこすりましょう。

黄ばみ取りを使っても落ちないほどの黄ばみは、専用の道具があるプロにお任せしましょう。
専門店のほか、カー用品店やガソリンスタンドでもやっているところがあるので、相談してみましょう。

上級者さんはこの方法で車のヘッドライトの黄ばみ取り!準備するもの

上級者になってくると、専門業者のようにポリッシャーで磨いていきます。

ポリッシャーはカー用品店やホームセンターなどでも販売されています。

まずは必要なものを準備しましょう。

  • マスキングテープ
  • 1500番と2000番の耐水ペーパー(紙やすり)
  • コンパウンド
  • ポリッシャー
  • ヘッドライトのコーティング剤

ポリッシャーを使って強力にコンパウンド(研磨剤)で磨いていくので、しっかりマスキングを施してボディーを保護しましょう。

実際にやってみよう!車のヘッドライトの黄ばみ取り・手順について

道具が準備できたら、さっそく作業開始です。

  1. まずはボディーにマスキングを施します。隙間が無いようにしっかりテープを貼りましょう。ボンネットは開けておきます。
  2. 耐水ペーパーで磨いていきます。水で濡らして、1500番から磨き始めます。ある程度きれいになってきたら、2000番で磨きます。
    こまめに水で濡らしながら磨きましょう。
  3. ポリッシャーを使って、コンパウンドで磨いていきます。これで耐水ペーパーでついた細かな傷をさらに削って無くしていきます。
    細目もコンパウンドだけでもきれいになりますが、細目、極細目、鏡面の順に磨いていくとさらにきれいに仕上げることができます。
  4. しっかり洗い流します。
    隙間にコンパウンドが挟まっているので、丁寧に洗い流しましょう。
  5. 水気を拭いて乾燥させます。
  6. ヘッドライトのコーティング剤を塗って乾かして、完成です。

車のヘッドライトが黄ばむ理由と対処法

昔の車のヘッドライトにはガラス製のレンズが採用されていましたが事故の際に飛び散って危険なことなどから、現在ではポリカーボネート樹脂製のレンズが採用されています。

樹脂製のレンズはガラスと比べると、軽量で耐久性があり、形が作りやすくて様々なデザインに対応できるため、現代のヘッドライトには樹脂製のレンズが採用されています。

しかし、ガラス製よりも紫外線には弱いため経年劣化によって黄ばみが発生し、経年劣化を抑えるために表面にコーティングが施されていますが、空気中の塵やほこり、飛んできた砂や小石などによって傷が付いたり剥がれてしまうため、コーティングで紫外線を完全に防ぐことはできません。

黄ばみの発生を少しでも遅らせるためには少しでも紫外線に当たる時間を少なくすることが最も大切なので、車庫やカーポート、車用のカバーなどを使用して、ヘッドライトだけでなく車に多く使われている樹脂製のパーツを守っていきましょう。