運転するのが怖いのを克服する方法とは?初心者の人々へ

運転初心者は怖いと思う気持ちをどのように克服したらいいのでしょうか?免許を取得した後は、当たり前ですが隣にもう教習所の先生はいません…。

一人で運転することがこんなにも緊張するなんてと思う人は多いはずです。親や運転の得意な人が隣にいれば緊張も和らぐことでしょう。

まずは運転に慣れるために、走りやすい道で練習することをおすすめします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大きい車の運転が怖い!上手に運転するコツとポイントを解説

それまでは小さい車になっていたのに大きい車に買い換えることになったら、運転することを怖いと感じること...

オートマとマニュアルどっちがいいか迷った時の判断基準を紹介

運転免許の取得の時には、オートマとマニュアル、どっちがいいのか悩む方は多いと思います。簡単なのはオー...

スポンサーリンク

運転初心者は慣れるまで走りやすい道にしましょう

運転初心者は路上を走る時「怖い」という気持ちがあるのは当然です。
自動車学校では必ず横に教習所の先生が乗ってくれていましたよね。先生がいても怖かったのに、いなくなると怖さも倍増です。

自動車学校では路上に何回か出て練習をしますが、あれだけで路上運転が慣れる人はほぼいないに等しいのではないでしょうか。

免許をとったら、免許所得の嬉しさや、若さゆえの度胸みたいなものでいきなり交通量の多い道や土地勘のない道に挑む方も稀にいますが、それはオススメしません。
無事に帰ってこれた結果論としては、それも経験としか言えないですが、何かあれば自分だけではなく相手の命にも関わる重大事故に繋がってしまうのです。
このようなリスクがあることを覚えておくと良いでしょう。

まず走りやすい道、交通量が少ない道で運転を慣らしていくこと

そして交通量の多い場所、高速の1区間、信号や交差点が多い場所、車線が複数ある場所など少しづつレベルを上げていきましょう。

年に1度運転するかしないかの初心者ではなくても運転する機会が少なければ、何年たっても怖いと感じます、
しかし毎日運転している人は怖さを感じることはあまりありません。

何事も慣れないことをする時は怖いですが、慣れるとそうではありませんよね。
車の運転も同じです。

初心者は最初は家族などに横に乗ってもらってアドバイスをもらいながら練習していくと安心ですね。

初心者で運転するのは怖いもの…無理をしないのが一番

初心者で運転するのは誰でも怖いです。

運転しやすい交通量の多い1本道、もしくは行き慣れた近場を選んで運転することは可能ですが、それだけでは運転が上達するとはいえません。

なぜなら、そのような簡単な道路ばかり運転しても2車線ある道路で活用できることは、車間距離で一定の速度で真っ直ぐ走ることであって、車線変更がスムーズにできるかと言えればそうではありません。

運転初心者が運転することにおいて怖いと思う部分はたくさんありますが、その中でも車線変更は難関でしょう。

この苦手意識を無くすためには、やはり慣れというしかないのです。

無理なことを勢いでやるのではなく徐々に慣らして一番安全な方法をとりましょう。

怖くても慣れる人が多いから、こんなにも多くのドライバーが存在するんですよ。
怖い気持ちを拭えるようたくさん練習し経験していきましょう。

運転が怖いなら必ず初心者マークを貼りましょう

運転初心者なら初心者マークを車に必ず貼りましょう。

ドライバーに自分が初心者であることを知らせることで、注意して走行してくれます

例えば車線変更で困っていそうなら速度を緩め間に入れてくれたり、もらい事故にならないよう車間距離を開けてくれたり、または高速道路で遅い場合にはあおるのではなく抜かしてくれたりと、あなたのためはもちろん、相手のためにもなります。

たまに初心者マークが恥ずかしいという人と貼らない人がいますが、初心者と知らぜずおぼつかない運転をする方が危険です。
もらい事故、または巻き込み事故を起こしてしまう可能性も高くなります。

互いに安全に走行を心がけるためにも初心者マークを必ず貼りましょうね。
そうすることで怖さも少し軽減するのではないでしょうか。

免許所得1年未満のドライバーは初心者マークをつけることが義務付けられています。
これに反すると4,000円の反則金があることも覚えておいてくださいね。

運転の初心者は準備と余裕を確保することが大切

運転初心者の鉄則

事前準備

行き先のルートを調べておきましょう。
ナビを設定しておいたり、目印となる建物などの把握をしておくと安心ですね。

時間の余裕

時間に余裕を持って出かけましょう。
時間がないと知らず知らずにスピードを出しすぎてしまったり、心に余裕がないことから正しい判断ができないことがあります。

運転が怖いのは初心者だけではありません

運転は経験と共に慣れて、初心者ほど「怖い」と感じることはありません。

しかし、いつどこで事故を起こしてしまうか、巻き込まれるかは誰にも予想できないのです。
このようなことがあり得ることで「絶対に安全」とは言えないと言えます。

運転自体が怖いと言うよりはこのよう点での怖さがなくなることはありません。

また旅行先など行き慣れない道や雪道に限っては何年たっても怖さは消えません。

でも逆に怖さを感じることは油断をしていないということでもあります。
油断をしてしまうとうっかりスピードの出しすぎや追い抜きなど危険な運転にも繋がりってしまうことがあります。

常に周りに注意することで避けられる事故はたくさんあります。運転初心者でも徐々に慣れてくると怖さが少しづつなくなっていくと思いますが、いつ何が起こるかわからないこと、、油断しすぎないよう運転に気をつけてくださいね。

特に慣れない道は事前準備と時間に余裕をもって運転してください。