車のホコリの原因は静電気!静電気の原因と予防・ホコリ対策方法

車を綺麗にしていても、気がつけばいつの間にかホコリが付着していることがあります。車内にホコリがたまる原因は静電気です。ですが、静電気が原因でホコリが付着してしまうのはなぜなのでしょうか。

ここでは、車にホコリが付着する・溜まる原因や静電気が発生する原因、静電気とホコリの予防方法についてお伝えします。

車を綺麗に保つためにも、静電気の知識を知って予防をすることで、ホコリの対策を行いましょう。

また、掃除に使用するアイテムや掃除グッズの選び方についてもご紹介します。こちらも併せて確認してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【水垢の落とし方】車に付く水垢の種類と種類別の対処方法

車を洗車しているとザラつきを感じ、よく見てみると水垢が発生していることがあります。車に付く水...

車のカーシャンプーの正しいやり方!洗う手順と注意点

洗車でカーシャンプーを使う時には、どのような手順で洗えば良いのでしょうか。普段はコイン洗車でサッ...

メラミンスポンジで車の未塗装樹脂パーツが蘇る?方法と注意点

車を洗車していると、ふと車の樹脂パーツがくすんでいる?そう感じたことがある方は、少なくないはずです。...

水垢がついた車はポリッシャーできれいに?水垢落としについて

車を洗車していると、ボディのざらつきが気になることありませんか?その原因は水垢!車庫やカーポートがな...

車内掃除の掃除機はガソリンスタンドやコイン洗車場で使用が可能

車内の掃除、掃除機を利用する場合、お家が一戸建てだと外についているコンセントに掃除機をつないで、シー...

芳香剤が車で匂わない?匂わない原因と対処方法をご紹介

車の芳香剤を買ってきたばかりなのに、全然匂わない。そう感じる時ありますよね。また最初は香りがしていた...

メラミンスポンジで車のガラスを掃除するのは止めましょう

メラミンスポンジで車のフロントガラスの油膜や水垢を掃除してもいいのでしょうか?家の掃除にはか...

水垢落とし【車のガラス】自分でできるおすすめ方法と注意点

車のガラスにうろこ状にできた水垢。水垢落としをしたいけど、車のガラスを傷つけるのは嫌だし、自分で...

水垢を落とす方法とは?車のボディについた水垢対処方法

車のボディについてしまった水垢はどのようにして落としたらいいのでしょうか?洗車をした後であっ...

水垢の車用シャンプーを使って落とす!選び方や注意点を紹介

車のボディに付いた水垢を落とすには、車専用のシャンプーを使うのが安心です。しかし、車専用のシャン...

車のホコリ取りに便利な羽【毛ばたき】の正しい使い方と注意点

テレビのドラマなどで、お抱え運転手が車のホコリ取りに使っているの羽のようなもの。実は【毛ばたき】とい...

重曹スプレーでスッキリ消臭。車の消臭と掃除に重曹が効果大!

車の中にこもるイヤな臭い。特に、誰か家族以外を乗せる時には、車内の臭いが気になります。車のさまざまな...

車の後ろのガラスが曇るときの原因と困ったときの対処法とは

車の後ろのガラスが曇ると後ろや周りがよく見えなくなるので運転がしにくくなります。特に車線変更をしたい...

車のヘッドライトの黄ばみ取り方法!黄ばむ理由と解決方法を解説

車のヘッドライトが黄ばんでしまい、黄ばみ取りをしたほうが良いのか悩んでいる人もいるのではないでしょう...

スポンサーリンク

車のボディや車内にホコリが付着する原因は静電気

いつもピカピカのボディにしておきたい、車を綺麗な状態のままで使用したいと思っても、気がつけばいつの間にかホコリが付着していることがあります。

車が好きな人は特に、少しのホコリが車に付着するのも嫌なものです。

車のボディや車内にホコリが付着するのは「静電気」が原因。静電気がホコリを引き寄せてしまうことで、気がつけば大切な愛車がいつの間にかホコリで汚れているのです。

静電気が発生するのは「摩擦」が起きることが原因

摩擦が原因となって静電気が発生し、寄せ付けたくないホコリを寄せ付け、車が汚れてしまうのです。

静電気の原因について、以下で詳しくチェックしてみましょう。

車にホコリが溜まる原因になる静電気はどうやって発生する?静電気が発生する仕組み

静電気の原因は摩擦だとお伝えしましたが、実は摩擦以外にも静電気を起こす原因があります。

静電気を引き起こしているのはあなた自身

私達人間は、体の中に電気が流れており、それが原因で静電気を起こしてホコリを寄せ付けている可能性もあります。

ドアノブを触ったとき、静電気でバチッとなった経験がある人もいるでしょう。そのような状態のときは体に電気を溜め込んでいる状態になります。

人間の体に帯電された状態のときに洗車をすると、そのことが原因で自分でホコリを集めていることになるのです。

また、洗車をしているときにも静電気が発生し、車にホコリを寄せ付ける原因を作り出します。車を洗車するときは、摩擦が生じます。静電気の発生源は摩擦ですから、洗車による摩擦で静電気が発生し、ホコリを寄せ付けてしまうのです。

せっかく綺麗に洗車をしても、それが原因でホコリが溜まってしまうとは、少しがっかりな話でもあります。

静電気対策で車のホコリを予防する方法

まずは人間の静電気対策からご紹介します。

静電気はスプレーで解消

人間の体の中に溜め込んだ静電気は、体内に静電気を溜め込むことを予防する、帯電スプレーを使用することで解消することができます。

身につけている洋服にこの帯電スプレーを吹きかけることで、ホコリを寄せ付けない対策をしましょう。

また、静電気を予防するブレスレットも販売されていますので、こうしたアイテムを身に付けることで、静電気の予防を行いましょう。

車にできる静電気対策

車の構造上、ボディが浮いている状態です。地面に接していないため、静電気を逃がすことができずにホコリを寄せ付けてしまいます。

  • 車の静電気対策をするには地面と接地させる必要がありますので、地面と車のボディをベルト状のもので設置させるアイテムを使うことで対策ができます。
  • 洗車によって生じる摩擦が原因の静電気は、静電気への対策ができる洗車用品を使用することで対処することができます。

色々な対策アイテムを使い、車の静電気を予防しましょう。

車に付着するホコリを掃除!掃除グッズの選び方

車のホコリを掃除するグッズには色々な種類があります。自分に合った物を選ぶことで、快適に車のホコリ掃除をしましょう。

ホコリ掃除をするには、モップ状のホコリ取りを使用するか、布巾状のホコリ取りを使用するかになります。

モップ状のものは柄が付いているタイプのもので、布巾状のものは繰り返し使えるものと使い捨てのものがあります。

また、車のお値段が高い高級車の場合は、天然素材で作られているものが安心。羊毛でできているものは、傷を付けにくいです。

掃除が苦手な人は、自分がどんなホコリ取りを使用すれば掃除がしやすいか考えて選びましょう。使いにくい物を購入しても、使いこなせずに終わる可能性もあります。

繰り返し洗って使用するものは経済的ですが手間がかかります。反対に使い捨てのものは手軽に掃除ができてもコストがかかります。自分の性格や掃除頻度を考え、ピッタリの掃除グッズを選びましょう。

静電気が原因の車のホコリ対策!柔軟剤とタオルで静電気対策

お洗濯に使用する柔軟剤を使えば、車のホコリ対策に使用できる便利なアイテムを作ることができます。ホコリが溜まる原因は静電気。柔軟剤を使用して、静電気対策アイテムを手作りしましょう。

■用意するもの

  • タオル
  • ご家庭で使用している柔軟剤
  • バケツ

■作り方

  1. バケツの中にタオルを入れ、そこにタオルが浸る程度の水を入れます。
  2. 水の中に少量の柔軟剤を入れます。目安としては5滴程度の量を入れましょう。
  3. 柔軟剤入りの水にタオルを浸し、しっかりと水分を切ってタオルを乾かしましょう。
  4. タオルが乾いたら完成です。

このタオルを使って掃除をすることで、ホコリを寄せ付けないように対策をすることができます。普段のお洗濯のときに決められた量の柔軟剤を入れてタオルを一緒に洗っても問題はありません。

また、タオルは必ず乾いた物を使用しましょう。濡れてるとホコリが付着する原因になります。自分でできる対策をして、車をピカピカな状態に保ってください。