ブレーキからキーキー音がする時の対処法と異変を感じた時の対策

ブレーキからキーキー音がする時ありませんか?
ブレーキをかけるたびに音が鳴る、雨の日に限って音が鳴るなど、それぞれ症状は異なりますが、どう対処すべきなのでしょうか。
車屋さんに依頼する時は、どう説明すると上手く伝わるのでしょうか。
ブレーキに異変を感じた時は、無理に運転をしないことが大切です
ブレーキは命を守る大事な部分なので、知識がないのであれば自分で対処せずに、すぐに車屋さんに行って見てもらいましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ブレーキのキーキー音は雨に多い理由や対処法と長持ちさせるコツ

ブレーキのキーキー音が雨の日になると気になるという人もいるのではないでしょうか。もしかしたら、車のブ...

ブレーキのキーキー音が低速でも発生!考えられる原因について

ブレーキを踏むとキーキー音が発生!なぜ音がなるのか?故障ではないかと心配になってしまいますよね。...

車のブレーキパッドは車検時の交換がオススメ!理由や目安とは

車のブレーキパッドは車検のときに交換を勧められることがあります。ブレーキパッドというのは、車を止める...

ブレーキランプの交換をガソリンスタンドでしてもらう時の料金

ブレーキランプの交換はガソリンスタンドでしてもらいましょう!車を運転していると、前の車のブレーキラン...

ブレーキのキーキー音の原因!冬のキーキー音の原因と対処法

冬の朝、車を走行させてブレーキをかけたとき、ブレーキからキーキー音はした経験がある人もいるのではない...

スポンサーリンク

ブレーキからキーキー音がするのはなぜ?ブレーキ鳴きの原因は大きく分けて3つ

ブレーキ音が鳴っていると、運転していても不安な気持ちになります。できるだけ早く対処したいですね。

ブレーキ音で考えられる原因3つ

1つめは、ブレーキパッド

ブレーキパッドとはブレーキを掛けるときに非常に重要な役割を担っていて、これが一定の薄さまですり減ってくると危険を知らせるためにキーキー音がなる仕組みになっているのです。

自分確認する場合は、センサー先端とブレーキパッドの厚みを比べてみてください。見た目でわからないときは車屋さんで見てもらうことをお勧めします。

2つめは、ブレーキローター

ブレーキローターは摩耗しにくくなっていますが、ブレーキパッドを押し付けて使う消耗品ですので、ブレーキパットを交換しても音が鳴る場合はこちらが原因かもしれません。

3つめは、ブレーキキャリパー

こちらもブレーキパッドやブレーキローターと一緒でブレーキを掛けるときに作用する部品です。
こちらは、ゴムなどもついているため、ゴムの劣化などが疑われます。
見た目ではわからない、もしくは自分の目では確認が難しい場合は車屋さんなどで確認してもらうのが良いです。

ブレーキのキーキー音がした時の対処、一番はブレーキパットの交換

キーキー音が気になる場合は、ブレーキパッドを交換することが一番です。

ブレーキパッドはブレーキパッドが減ってきているのが原因ですが、このブレーキパッドが減る原理は、ブレーキパッドがブレーキローターが接触することで摩擦を起こし、その力でブレーキをかけいていることです。

ブレーキパッドは減るのが当たり前

いつかは交換しなくてはいけないものだと思っていた方が良いです。さらに、ブレーキとは車になくてはならない場所の一つです。なるべく異常を感じたらすぐに見てもらうべき場所でもありますね。費用や、時間がかかり後回しにしがちですが、いざというときに備えて安全にしておきたいですね。

ブレーキパッドを自分で交換する場合は、なるべく音が鳴りにくいノンアスベスト材のブレーキパッドに交換するのがお勧めです。メタリック材のブレーキパッドはすぐに音が鳴りやすいですので、安くてメタリック材の方を選んでも、結局すぐ音が鳴って交換しなくてはならなくなる可能性があります。
費用も考えるなら、高価ですが長持ちするブレーキパッドを使用すると良いです。

一時的なキーキー音の場合は、ブレーキの鳴き止め剤を塗布するのもおすすめ

キーキーという音の原因は振動が原因

振動はブレーキローターとブレーキパッドが接触した時に生じる振動が周りの振動吸収する部品では抑えきれずに、他のサスペンションなどに伝わって一緒に振動してしまい、振動音となって発生しているのです。

もっとわかりやすく言うと、レコード盤を想像してもらえればわかりやすいと思いますが、レコード盤に針を当てると音が鳴りますね。これは、回す勢いと針の振れ具合で振動を起こし音を発生させているので、同じように、ブレーキを踏むとパッドがロータに触れて振動してロータから音が鳴るという仕組みです。
この音は留めることができます。車用のディスク鳴き止め潤滑剤でキーキー音を抑えることができます。

鳴き止め潤滑剤は研磨剤のことで、ブレーキパッドに吹きかけることで凹凸をなくし音が鳴るのを抑える働きがあります。
ですが、一時的な物ですので、何度も音が鳴るたびに使っていると塗っている部分にダメージが生じてきてしまいますので多用は避けた方が良いです。

雨の日などに限ってブレーキからキーキー音がする場合の対処法

雨の日は、ブレーキパッドの減りに関係なく音が鳴るときがあります。
ブレーキパッドとローターの間の水が擦れてなることがあり、濡れた手で平面を擦ると音が鳴る場合があります。この症状と同じですので、この場合の音は雨がやんで走行時に音が鳴らいないのであれば問題はありません。

私の場合、隙間に小石が挟まっていて走行時に音が鳴り、車屋さんに着くまでの間に摩擦で小石がすり減って挟まっていたのが取れ、車屋さんにつく頃には音がしなくなっていて原因がよくわからないまま異常なしと言われたこともがあります。

ですので、音が鳴っていてもしばらくして音が鳴らなくなったら原因はブレーキパッド系統ではないということもあるので注意して音を確認してみてください。

また、ブレーキパッドは気温によって硬くなる場合があり、硬くなっている金属同士が振動して音が鳴りやすくなります。
特に、冬の冷えたときなどの車の乗り始めなどが鳴りやすいことがありますのでこちらも覚えておくと驚かないで運転できます。

ブレーキ鳴きを対処してもらおうと車屋に依頼する時のポイント

車屋さんに持っていくと、必ず聞かれるのが音の状態です。
どんな音がするのか、どこからするのか、どんな時に鳴るのかなど細かく聞かれます。それはそうですよね、車屋さんは音や場所などの症状だけを聞いて原因を絞り込むのですから。
そのためにはやはり、詳しく症状を説明するのが早く直してもらえる近道になります。
車屋さんに依頼するときはなるべく自分で症状を整理してから行きましょう。

ブレーキのキーキー音を出さないために、普段から自分で対処しておくのも良いでしょう。できれば、パッドの交換は安全性も考慮して車屋さんに依頼するのが良さそうですが、普段からブレーキパッドの減りを確認する、グリースを塗るなどケアしておくと音の鳴りを減らすことができるはずです。