スピーカーの音割れの原因は?自分でできる修理と対処方法

車のスピーカーの音割れが気になる場合、修理が必要でしょうか?音割れだと自分では対処が難しいと感じますが、原因によっては簡単に解消できる場合もあります。

まずは音割れの原因を探ってみましょう。もしかすると音を大きくした時だけ音割れを感じてはいませんか?

また音割れと感じているのは、実はビビリ音の場合もあります。音が割れている原因を探って見て対処方法を試してみてください。

明らかに故障が原因と考えられる場合は、無理をせずにプロに修理をお願いしましょう、保証が有効な場合もありますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

曇り止めをするなら車にシリカゲル?湿気をとる方法

すぐに車の窓が曇ってしまうときにはどのようにすれば湿気を解消できるのでしょうか?乾燥剤のシリカゲ...

部屋の芳香剤と車用の芳香剤の違いとは?車の匂いを良くする方法

芳香剤は車用と部屋用にはどんな違いがあるのでしょうか?なんとなく、車用のほうが匂いがきつく感じますが...

車のカーテンの取り付け方法とは?後部座席に取り付け方

車にカーテンをつけたいけれど、どのようにして取り付ければいいのでしょうか?そもそも自分で出来るものな...

部屋用芳香剤を車で使うときのポイントと選び方や置く場所

部屋用芳香剤を車で使っても良いのか気になったことはありませんか?車用の芳香剤は部屋用のものと比べて高...

車のドアモール取り付け方法ときれいに装着するコツ

車にドアモールを取り付けていますか?ドアモールはドアの保護や、見た目のポイントにもなる車の便利グッズ...

車の改造を初心者がするのに簡単オススメなパーツや注意点

車の改造を初心者がするなら簡単なものからはじめるのがオススメです。車が好きで自分好みに車をカスタマイ...

車の屋根の塗装は自分でもできる!頼むときにかかる費用や予防法

車の屋根の塗装は気がつくと剥げていることがあります。大切な愛車だからこそ自分で塗装補修をしたいという...

芳香剤が効果的に香る車の中の置き場所は?その理由について

車に乗り込むと嫌な臭いが鼻につくことがあります。そんなときに頭に浮かぶのが芳香剤!取り替えどきかも?...

タイヤのホイールの外し方と付け方を正しく理解しましょう

インターネットなどでタイヤを購入した場合、古いタイヤからホイールを自分で外して組み換えようと考える人...

芳香剤、車内での効果的な置き方。香りを広げる方法

初めて自分の車を持ったという時には、車用の芳香剤を選ぶのも楽しいものです。カー用品のショップに行って...

スポンサーリンク

スピーカーの音割れは修理が必要?自分でできる対策

車を運転する際に、誰にも気兼ねすることなく好きな音楽を大きな音で聴いたり、曲に合わせて大声で歌うのもまた、楽しみのうちの一つだという人も多いかと思います。愛車の外見や内装だけでなく、スピーカー選びもまた楽しいものです。

しかし、スピーカーからの音割れが気になり出すと、車で音楽を楽しむうえでの大きな支障にもなります。音割れには自分で解決できるものもあれば、修理が必要なケースもあるため、まずはその原因を見極めるのが先決です。

スピーカーの音割れの原因

スピーカーの音割れがボリュームを大きくした際だけ気になる場合は、車に設置しているスピーカーの想定音量を超えている可能性があります。どんなスピーカーでも、それぞれのスピーカーサイズに合わせた適切な音の大きさの範囲が設定されており、最大音量を超えてしまうことにより、音割れが起きてしまうと考えられています。

これを解消するためには、単純に音を少し小さくするだけ音割れが抑えられるケースがほとんどですが、スピーカーにほこりが溜まっていたり、配線に問題がある場合もありますので、そちらも確認してみることをおすすめします。

スピーカーの音割れで修理が必要な場合

大きな音で音樂を聴いている時以外にも、常にスピーカーの音割れが気になるような場合は、スピーカー自体の修理が必要な可能性があります。新車を購入した場合は別ですが、一台の車に長く乗り続けていたり、中古車を購入して備え付けのスピーカーをそのまま使用している場合などは、スピーカーの部品を交換する時期が来てしまったと考えることもできます。

コーン紙の交換で音割れが解消されることも

車でも使われているコーンスピーカーには、コーン紙と呼ばれるパーツが使われています。こちらが時間の経過とともに段々と劣化してくることによって、正常に音の振動を伝えることができなくなり、結果的に音割れを引き起こしてしまうことがあるのです。

また、スピーカー内部にある振動板という部品の周りに付いているエッジという部品の劣化が、音割れの原因となることも。

素人が安易に修理を行うことはあまりおすすめできませんので、まずは原因を見極めてもらうためにも、はじめからプロに依頼してみたほうがより安心かと思います。

スピーカーの音割れはビビリ音?それなら修理は必要なし

振動を利用して音を鳴らす仕組みであるスピーカーに関しては、些細なことが原因となって上手く音を伝えることができないケースもあります。その代表的なものが、ビビリ音です。もしも、スピーカーのビビリ音が原因で音割れしているように感じるのであれば、特に修理はしなくても、自分で調整を行うことが可能なことも。

車載スピーカー特有のビビリ音をなくすには

車の運転中は常に振動が発生しているため、それによってスピーカー前面に装着されたパネル部分にズレが生じることがあります。僅かなズレがやがて、スピーカーからのビビリ音となって現れることも。

ビビリ音が気になる時は、まずはパネルの装着具合を確認しましょう。もしもしっかりとはまり込んでいない状態であれば、正しく装着し直すことによって改善される場合があります。

スピーカーの修理が必要かもと思ったら、まず保証を確認

スピーカーに限らず、電化製品にはあらかじめ製造メーカーの保証の対象となる期間が設定されています。スピーカーの音割れへの対処法としては、自分で簡単に行えるものもあれば、修理が必要となる場合もありますが、いずれにせよまずは、保証の対象期間や保証範囲についても調べておいたほうが良いでしょう。

セルフ修理がかえって高くつくことも

現在では、インターネットで調べれば大抵のことは出てきますが、中には自分で簡単に修理できると、セルフ修理を推奨しているサイトもあるようです。専門業者やスピーカーの発売元に修理を依頼するとなると、それなりに修理代がかかることを考えると、できることなら自分で修理して安く済ませたいと考える方がいるのも当然かと思います。

しかし、幸いにも自分で修理することによって上手く音割れが解消されたとしても、もしも今後また別の件で修理を依頼することになった時に、保証の対象から外されてしまう可能性が高くなりますので、よほど自信がない限りは、やはりプロに修理をお願いするという選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

エッジ部分がスピーカーの音割れの原因となる場合の修理方法

なるべくお金も時間もかけずに、スピーカーの音割れを自分で修理したい場合には、素人でも比較的手を出しやすい修理方法もあります。もしもスピーカーの音割れが、エッジという部分の劣化によるものだというケースであれば、そちらを新しいものと交換することによって音割れを解消することができます。

古いスピーカーはエッジの劣化に注意

ウレタン製のエッジは、古くなると手で触っただけでもポロポロを取れてしまうくらい、劣化が進むことがよくあります。

交換用のエッジと接着剤は、インターネットサイトでも購入することが可能です。

古くなったウレタンをすべて取り除く作業は多少手間はかかりますが、丁寧に行うことで、あとから新しいエッジを取り付ける際により接着剤を密着させることができますので、根気強く行いましょう。接着剤で貼り付けた後は、よく乾かしてから元に戻します。

長年愛用してきたスピーカーであれば、音割れ程度で手放すのは本意ではないかもしれませんが、音割れへの対処法を実践してみても効果がない場合は、そろそろ買い替えの時期が近づいているということでもありますので、そちらも含めて十分に検討されることをおすすめします。